被爆後の長崎の新しい写真が公開される

2011年4月14日 第1号

4月13日、原爆投下後の長崎に進駐した元米兵ジョン・バンクストンさんが、被爆後の長崎の新しい写真10枚を公開しました。

 

これらの写真は、海兵隊従軍カメラマン、フランク・ロジャースさんが撮影し、隊員に配られたものを、バンクストンさんが入手したものだとのことです。

 

▼公開された写真の一部です。

 

被爆後の長崎、元米兵が写真公開…浦上駅看板など(読売新聞)

 

米軍が撮影 被爆直後の長崎 進駐の元兵士写真を公開(西日本新聞)

 

また、バンクストンさんの写真は長崎原爆資料館に寄贈されるとのことです。

長崎原爆資料館では収蔵品の検索ができるようになっています。

 

長崎原爆資料館収蔵品検索