【画像で見るニュース】2012年ピュリツァー賞速報写真部門/自爆テロの負傷者の中で、恐怖で泣き叫ぶ少女

2012年4月19日 第10号

Awarded to Massoud Hossaini of Agence France-Presse for his heartbreaking image of a girl crying in fear after a suicide bomber’s attack at a crowded shrine in Kabul.

今年のピュリツァー賞速報写真部門は、AFP通信のMassoud Hossainiカメラマンによる「自爆テロの負傷者の中で、恐怖で泣き叫ぶ少女(アフガニスタン・カブール)」が受賞となりました。

 

この写真は、昨年12月6日、カブールのAbul Fazel Shrineの群衆への自爆テロが起き、その現場で泣き叫ぶ12歳のTarana Akbariちゃんを撮影した、とても緊迫したものです。

 

Taranaちゃんは、「立ち上がったとき、私の周りの誰もが血だらけだった。 本当に怖かった」と語っています。

 

このテロで70人以上が亡くなり、Taranaちゃんの家族も7人亡くなったそうです。