【画像で見るニュース】 古代都市ボスラ (シリアの危機遺産シリーズ2)

ローマ劇場 Bosra, March 28, 2011 / (Ergo) / CC BY-NC-SA

Ancient City of Bosra, Syria. Syria’s Six World Heritage sites placed on List of World Heritage in Danger

第42号

2013年6月20日、ユネスコの世界遺産委員会が、内戦が続くシリアの6つの世界遺産を、「危機にさらされている世界遺産(危機遺産)」へ登録しました。

6つの遺産は、「古代都市アレッポ」「古代都市ボスラ」「古代都市ダマスカス」「シリア北部の古村落群」「クラック・デ・シュヴァリエとカラット・サラーフ・アッディーン」「パルミラ遺跡」です。 

「シリアの危機遺産シリーズ」、2つめは南部の都市「古代都市ボスラ」です。


1980年に世界遺産に登録されたボスラは、紀元前2世紀にナバテア王国の最初の都市となり、ローマ帝国時代には州都となり繁栄していました。

その後衰退したものの、ローマ、ビザンティン、イスラームの各遺跡が残っており、当時の面影を偲ばせます。

Porte ouest, Bosra, March 30, 2012 / Jacqueline Poggi / CC BY-NC-ND
Théâtre romain, Bosra, March 29, 2012 / Jacqueline Poggi / CC BY-NC-ND
ローマ時代の廃墟 Bosra Siria 04, January 28, 2011 / Rafael Gómez / CC BY-ND
ローマ劇場 BOSRA, TEATRO ROMANO Siria 2694, January 4, 2011 / Javier Martin Espartosa / CC BY-NC-SA
ローマ時代の廃墟 Bosra, October 24, 2010 / Fulvio / CC BY
ローマ劇場 Syria - Bosra Roman Theater, October 21, 2010 / James Gordon / CC BY-NC
Bosra, July 26, 2010 / Jose Luis Canales / CC BY-NC
ローマ時代の廃墟 Old Roman Town of Bosra , June 16, 2010 / Paul Kidd / CC BY-NC-SA
The Mosque of Bosra, May 1, 2010 / Alessandra Kocman / CC BY-NC-ND
Bosra, March 28, 2010 / Ghaylam / CC BY-NC-ND