【画像で見るニュース】 シリア北部の古村落群 (シリアの危機遺産シリーズ4)

聖シメオン教会

Church of Saint Simeon Stylites, Aleppo, Syria, May 6, 2010 / Alessandra Kocman / CC BY-NC-ND

Ancient Villages of Northern Syria. Syria’s Six World Heritage sites placed on List of World Heritage in Danger

第44号

2013年6月20日、ユネスコの世界遺産委員会が、内戦が続くシリアの6つの世界遺産を、「危機にさらされている世界遺産(危機遺産)」へ登録しました。6つの遺産は、「古代都市アレッポ」「古代都市ボスラ」「古代都市ダマスカス」「シリア北部の古村落群」「クラック・デ・シュヴァリエとカラット・サラーフ・アッディーン」「パルミラ遺跡」です。


 「シリアの危機遺産シリーズ」、4つめは「シリア北部の古村落群」です。

 

「死の都市」「忘れられた都市」とも呼ばれる「シリア北部の古村落群」は、アレッポとイドリブの間に点在する700もの廃墟集落を指します。

豊かな地域であったのですが、8~10世紀頃に交易ルートの変更後、ほとんどの村々が消滅しました。

シリア北部の古村落群」は2011年に世界遺産に登録されました。有名な遺跡として、「聖シメオン教会」「アイン・ダラ寺院」「キュロスのローマ劇場遺跡」等があります。

聖シメオン教会

Saint Simeon, May 3, 2010 / Stijn Nieuwendijk / CC BY-NC-ND

Mushabbak Basilica

Basilica Mushabbak, March 9, 2010 / Groundhopping Merseburg / CC BY-NC

Ain Dara temple

View of the whole temple, March 8, 2010 / Groundhopping Merseburg / CC BY-NC

Ain Dara temple

Some Kurdish children around the lion,March 8, 2010 / Groundhopping Merseburg / CC BY-NC

キュロス

Cyrrhus, March 8, 2010 / Groundhopping Merseburg / CC BY-NC

Kharab Shams Basilica

Church of Kharab Shams, Dead Cities region, NW Syria, November 12, 2009 / James Gordon / CC BY-NC

キュロス

Roman Theatre of Cyrrhus, May 30, 2009 / Hovic / CC BY-NC-SA

Churches of Sheikh Suleiman village

Old church, May 10, 2008 / Hovic / CC BY-NC-SA